読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたの

f:id:yamawarauyama:20160312194438j:plain

f:id:yamawarauyama:20160312194500j:plain

f:id:yamawarauyama:20160312194516j:plain

f:id:yamawarauyama:20160312194659j:plain

f:id:yamawarauyama:20160312194711j:plain

f:id:yamawarauyama:20160312194308j:plain

f:id:yamawarauyama:20160312194346j:plain

f:id:yamawarauyama:20160312194404j:plain

f:id:yamawarauyama:20160312194617j:plain

f:id:yamawarauyama:20160312194631j:plain

f:id:yamawarauyama:20160312194238j:plain

f:id:yamawarauyama:20160312194326j:plain

f:id:yamawarauyama:20160312193955j:plain

f:id:yamawarauyama:20160312194018j:plain

f:id:yamawarauyama:20160312194047j:plain

 

 

 

雪の日に

「はたの」さんへ行った

静けさがとても心地いい場所

奥さんこだわりのうつわと

主人こだわりの1つ1つ

冬と初春の料理

深く呼吸して

なんだか背筋がピンとのびた

 

ふと、外を眺めたときにタヌキが平然と庭を歩いていた

奥さんに聞いたら

はたのさんたちがここに住むまえに

この空き家に住み着いていたタヌキがいたらしく

その子かな?なんて言っていた

 

ご飯もその日に見た景色も

1つの光景としてとても美しかった

 

写真は

はたのさんのご飯とその前後で撮ったすこし不器用なfilmたち。