読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nari

 

f:id:yamawarauyama:20170430173325j:plain

f:id:yamawarauyama:20170430173314j:plain

f:id:yamawarauyama:20170430180800j:plain

f:id:yamawarauyama:20170430173059j:plain

f:id:yamawarauyama:20170430173029j:plain

f:id:yamawarauyama:20170430173300j:plain

f:id:yamawarauyama:20170430173045j:plain

f:id:yamawarauyama:20170430173148j:plain

f:id:yamawarauyama:20170430173215j:plain

f:id:yamawarauyama:20170430172958j:plain

f:id:yamawarauyama:20170430173954j:plain

f:id:yamawarauyama:20170430173126j:plain 

 

 

 

こんなかたちで母校に戻ってくるなんて思ってもみなかった

 

式までに少し時間があった

あのころよく歩いていた道をゆっくり歩いた

 

変わらず風が強い道だった

さくらが散って横に走っていった

気持ちが溢れた

 

式のあとは、久しぶりの先輩後輩にたくさん会った

ずっと離れていたけれど

たまにでいいから、ちゃんとここにも帰ってくることにしようとおもった

ふたつめの故郷だから。

 

忘れたくない1日。