読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山眠る

f:id:yamawarauyama:20160101140410j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20160101141723j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20160101140821j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20160101140512j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20160101140636j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20160101141604j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20160101141654j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20160101141050j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20160101141930j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20160101141126j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20160101143415j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20160101141508j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20160118192951j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20160118193030j:plain

  

  

 

 『山眠る』は冬の季語

 2015年,最後のブログになる

今年は飯山に居る時間が多かったように思う。

 

それは、祖父が亡くなった日に感じたことが大きく影響しているのかもしれない。

細かく書くつもりはないけれど

そのときに感じた大切なこととか、人の美しさ、生活の呼吸を

これから先も大事に大事にしていきたいと思ったことが

自然と飯山に居る時間を長くさせたのかもしれない。

 

祖父の古いアルバムを何回も観た

その何冊ものアルバムには、それまで僕が半分副業のようなかたちでやっていたカメラの仕事とはまるで真逆のものがたくさん詰まっていた。

気がついたらカメラの仕事から距離をおいていた。

 

家に居る時間が増えたからか、

今までと違う心持ちで生活していたからか、

家の周りの景色がたくさん目に入るようになった

今まで何度も季節は巡っているはずなのに、初めて見た緑の色だったり光だったり

足元の植物の胞子だったり、今まで見てきた季節というものはなんだったのだろうと思うくらいだった。

なんだかそれが嬉しかった。

 

写真は相変わらず好きだけれど、

撮るものはガラッと変わった気がする。

副業ではなく気ままに明かりを追いかけている

明かりといっても人の呼吸のような生活のようなこと。

 

うちの家族は毎日お仏壇に手をあわせる

庭で育てた花たちが綺麗に咲き開いたら それを摘んでお仏壇に手向ける。

そのささやかな日々の所作がなによりも美しいと思っている。

そんな心持ちで眺めていたら

おじちゃんがしつらえた彫金の模様1つ1つが本当に丁寧で繊細なものだと気がついた。

今年は体験をさせてもらったり一輪挿しを実験的に作った。

まだまだ模様を入れるところまではいけていないけれど、一輪挿しの一周に言葉のような模様を入れて短編小説を読んだくらいの意味合いを探していきたい。

 

彫金の銅板は眺めていると飯山のきれいな夕方の色に似ているなと思うときがある

 

山あいにひかり

山あいのひかり

 

 

信越自然郷というのは大きすぎて掴みきれない

ほんとうはその自然のなかに動物や植物や脈々と流れる水が川になって

脈々と流れる人の生活と脈々と流れる文化があるのに。

粒をみてほしい

粒の連続をみてほしい。

足元にある細かないくつもの光や緑の粒の連続がやっと自然郷と呼べるのに。

と、真っ白になった葉脈をみながら考えた。

 

 

全然つながらない文章

ことし最後もまとまらなかった。

でも来年も続けよう。

山眠る、僕も眠る。冬。

かつうら

f:id:yamawarauyama:20160101145148j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20160101145224j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20160101145634j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20160101145241j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20160101145318j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20160101145715j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20160101145812j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20160101145748j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20160101145847j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20160101150730j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20160101150439j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 友達に誘われ東京へ

 

箱根や結婚式以外でこんなにゆっくりお酒を飲んだのは久しぶりだった

 

これは2日目にドライブで行った勝浦漁港の写真

穏やかな光と風が波をきらきらさせていた

山のいろあい

f:id:yamawarauyama:20151220172646j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151220172149j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151220172837j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151220172057j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151220172124j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151220172350j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151220172512j:plain

 

 

 

ゆっくりとゆっくりと山の紅葉が

麓まで降りてきている

 

あたたかい飲みものが飲みたくなったり

そろそろこたつを出そうかな?と話したり

すこし裏山を散歩しただけで

とても秋らしい収穫があった。

 

 

秋の風景が好きだ。

2015.10.25

f:id:yamawarauyama:20151124210738j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151124210810j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151124210836j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151124210902j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151124210927j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151124210955j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151124211100j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151124211205j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151124211219j:plain

 

 

 

 

 

 

1025

2日目の写真たち。

信州新町へ行って

帰りにふらりと善光寺の古道具のお店へ

そこから、ぐいっと戸隠へドライブ

きれいなものきれいな風景をたくさん眺めることができた、秋の日。

2015.10.24

f:id:yamawarauyama:20151124203931j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151124204001j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151124204030j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151124204057j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151124204118j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151124204155j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151124205504j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151124205540j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151124205602j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151124205630j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151124205715j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151124205738j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151124205802j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20151124205834j:plain

 

 

 

 

 

 

 

1024

展示の慰労会をかねて

近いようで遠いところへ旅行へいった

近いのに知らない場所ばかりだった

1日目の写真たち。

 

 

倍音

f:id:yamawarauyama:20151107201344j:plain

f:id:yamawarauyama:20151107201714j:plain

f:id:yamawarauyama:20151107201815j:plain

f:id:yamawarauyama:20151108113147j:plain

f:id:yamawarauyama:20151107202047j:plain

f:id:yamawarauyama:20151107202135j:plain

f:id:yamawarauyama:20151107202250j:plain

f:id:yamawarauyama:20151107202318j:plain

f:id:yamawarauyama:20151107202407j:plain

f:id:yamawarauyama:20151108113332j:plain

f:id:yamawarauyama:20151107202601j:plain

f:id:yamawarauyama:20151107202710j:plain

f:id:yamawarauyama:20151107202754j:plain

 

 

 

 

 

10月3日・10月4日

僕たち家族は、街の花フェスタで1つの展示をした。

展示をするまでにはたくさんの偶然と出会いがあった。  

 

家に長く眠っていた古道具と

コケの先生

それと山でみつけた群生地

特に、この3つの発見や出会いのタイミングも奇跡的だった。

 

 

 倍音とは、

ある音が鳴ったときに共鳴したり、付随して出てくる音のこと。

例えばpianoでドの音とファの音を同時に鳴らしたときに

ドでもファでもない倍音も宙にゆらりと浮いて漂うこと。

そして、その連続が美しい音楽には必要不可欠らしい。

  

ある意味、この展示もそんな音楽のようだった気もする。

 

言葉は多くいらない

家族で1つのものを作れたこと。

とても大切な時間になった。

秋に舞う

f:id:yamawarauyama:20151011180632j:plain

f:id:yamawarauyama:20151011180711j:plain

 

 

 

 

 9月

収穫の秋に向けて

豊作や健康を願う地区のお祭り

 

1ヶ月みっちりと練習して1ヶ月みっちりとお酒を呑んで

こんなにも毎日、地区の人たちと時間を共にしたのは初めてだった

本番は緊張というより楽しい時間が流れた

 

ほどよく酔っ払った大人たちが煽るヤジも

興味深々の子供達の声も

横笛や太鼓と混ざって1つの音楽だった

 

小さな地区の豊かな時間。

 

 

 

しかしとっても膝がいたい。

まつりばやし

f:id:yamawarauyama:20150818205736j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20150818205752j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20150818205819j:plain

 

 

 

 

 

 

のたうつ様な暑さのなかで

積み重ねる日々の生活

お祭りや花火といった光景はとても夏らしく

日が暮れてからの夕涼みにはピッタリだ

山滴る

 

f:id:yamawarauyama:20150818192514j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20150818192602j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20150818201557j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20150818204817j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20150818204914j:plain

 

 

 

 

 

 

 「今年の夏は暑すぎる」

なんていうことを、毎年言っているような気がする

日差しの強さに、自然と涼しい色やものを選んでいる

透明なガラスの器やみずみずしい花やコケ

もちろん10月の展示へ向けてというのもある

1つ1つ選んで作って確かめて

緑の写真はまた改めて。

白雨

f:id:yamawarauyama:20150706205535j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20150706205608j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20150706205641j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20150706205706j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20150706210038j:plain

 

 

 

 蒸し暑い空気を一気に取り去ってくれる

この時期の夕立のことを『白雨』と呼ぶらしい。

 

6月、山本家では母が梅酒をこしらえた

 

青梅と氷砂糖というのは、なんて綺麗なのだろうか

 まるで森の新緑と白雨のしずくのようだと思った。

 

お酒を潤沢に、なみなみと注げば

眺めているだけで涼やかで、立派な夏の風景にもなりそうなほど。

 

 

ほかにも、梅を割って種を取り出して作る

梅の砂糖漬けも。

 

早く、暑い暑いといいながら

たくさん氷をいれた梅酒をぐいっとしたい。

薫風

f:id:yamawarauyama:20150701205031j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20150701205053j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20150701205117j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20150701205223j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20150701205312j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20150701205415j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20150701205437j:plain

 

f:id:yamawarauyama:20150701205544j:plain

 

 

 

 

 

 

最近のフィルム写真などなど

去年より、すこし涼しい今年の初夏。

それでも初夏の朝や夕方の光はやっぱり美しくて、

写真もいつもそんな時間帯に撮っている。

緑も驚くくらいのスピードで。でも、おだやかで。涼しい夏。

Floating Vase RIPPLE

f:id:yamawarauyama:20150621182013j:plain

 

 

f:id:yamawarauyama:20150621182033j:plain

 

 

f:id:yamawarauyama:20150621182107j:plain

 

 

 

 

先日届いた

水に浮かべて使う一輪挿し RIPPLE

 

波紋のように作られた形

水のなかでゆらりふわりと漂って

 

しっかりとした花ではなくて

庭や散歩で見つけた雑草のような草花でも

ささやかに飾れる

美しい花器

この季節の雨の音にもよく似合うから

気に入っている